file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about
  • Home
  • News
  • 性染色体異常の不妊マウスから産仔の作成に成功 -生殖細胞形成異常の原因究明や治療法開発の可能性-

性染色体異常の不妊マウスから産仔の作成に成功 -生殖細胞形成異常の原因究明や治療法開発の可能性-

 iCeMSの斎藤通紀主任研究者、大田浩 医学研究科助教、James M. A. Turner 英国フランシス・クリック研究所博士、廣田孝幸 同博士らの共同研究グループは、性染色体トリソミー(通常は父親由来・母親由来の2本ずつの染色体を有するところ、減数分裂の異常などにより、特定の染色体を3本有する状態)を有する不妊マウスの線維芽細胞(結合組織を構成する代表的な細胞)から、正常な核型を有するiPS細胞を作成し、それらから卵子もしくは精子の起源となる始原生殖細胞に非常によく似た性質を持つ始原生殖細胞様細胞・精子・健常な産仔を作成することに成功しました。

 

本研究成果は、2017年8月18日午前3時に米国の科学誌「Science」オンライン速報版で公開されました。

 詳細は以下のページでご覧いただけます。

京都大学ウェブサイト | 性染色体異常の不妊マウスから産仔の作成に成功 -生殖細胞形成異常の原因究明や治療法開発の可能性-

Other News