file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about
  • Home
  • News
  • 遺伝子を直接制御する合成分子で組織再生の道が開ける

遺伝子を直接制御する合成分子で組織再生の道が開ける

今回開発したPIP-S2がDNAに結合して幹細胞内の遺伝子情報を切り替え、幹細胞の心筋細胞への変化を誘導する様子を描いたイメージ。(制作:Sudhakar KeerthiPriya)

 iCeMSのガネシュ・パンディアン・ナマシヴァヤム助教、杉山弘連携PI、理学研究科の谷口純一 博士課程学生らの研究グループは、合成分子を用いてヒトiPS細胞などの幹細胞を心筋細胞へと分化させる、新たな方法を開発しました。

 

本研究成果は、2017年7月31日に英国の科学誌「Nucleic Acids Research」のオンライン版で公開されました。

 詳細は以下のページでご覧いただけます。

京都大学ウェブサイト | 遺伝子を直接制御する合成分子で組織再生の道が開ける-

Other News