file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about

研究分野とテーマ

ケミカルバイオロジー, DNAをベースとしたスマートな生体材料設計
研究目標は、核酸を対象としながらケミカルバイオロジーの知見や技術を利用し、様々な活用が可能な生物模倣型物質を創出することである。例として、ヒト細胞内で生命の営みを正確にコントロールしている天然の細胞制御因子を真似た、人工遺伝子スイッチを開発し、それらの因子をリプログラム化することを通して臨床応用できないか探っている。
また、配列を自由に設計できるというDNAの特性を生かし、生物模倣型多次元ナノ構造や機能性ナノシステムを構築するほか、生体中で働いている原理を観察、修飾するバイオデバイスを作成している。

私の研究「ここがイイ!」

研究をしていると、創造力を制限するような学問の枠にとらわれず自由になる。それゆえ研究は好きである。天然の生体分子は精緻な協調関係を築いているが、そういった関係を複数の視点から眺めると、斬新な生体材料を構築するアイデアが生まれてくる。

Researcher Q & A

出身地

静岡県静岡市

研究者を志したきっかけは?

人類の利益に対し自分にしかできない貢献が可能である、という点に惹かれて研究者を目指した。仮説を考え出し、それに基づいて実験を行いその仮説が実証された時は、アイデンティティーが感じられる瞬間である。

好きな実験,理論,装置,試薬,器具について,理由も一緒に教えてください。

クープマンズの定理は、分子のイオン化エネルギーをHOMO(最高被占軌道)のエネルギーから見積もる定理である。おもしろいことにこの考え方は様々な学問に有用であるため、チャリング・クープマンスはノーベル経済学賞を受賞した。好きな装置は次世代シーケンサーである。驚くべき高分解能で、タンパク質とDNA間の相互作用や、ゲノム規模でDNAの構造変化に関する有用な情報を与えてくれる。

趣味はなんですか? 

トムハンクスの穏やかな外見が好きで、「ユー・ガット・メール」や「ビッグ」、「スプラッシュ」といった、彼の出演している映画が気に入っている。ニューヨークとシアトルにあるこれらの映画の撮影場所を訪れたこともある。

遣隋使や遣唐使になった気分で中国の古い町を観光することが趣味です。

SAHA-PIPコンジュゲートがDNA配列特異的に結合しながらHDACを阻害し、その周辺でHATによるヒストンのアセチル化が引き起こされています。