file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about

中 伸弥

教授/iPS細胞研究所 所長

研究分野とテーマ

iPS細胞の臨床応用、幹細胞研究
山中グループは幹細胞生物学、発生工学の研究を行っています。特に私たちは、マウスおよびヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製に成功しました。そして私たちはiPS細胞技術を用いてさまざまな側面から基礎研究および応用研究を進めています。

私の研究「ここがイイ!」

iPS細胞はさまざまな種類の体細胞から樹立することが可能で、また樹立する方法も多様な方法が報告されています。私たちは細胞生物学的手法と分子生物学的手法を組み合わせ、これらの細胞の分化多能性や安全性の評価を行うことにより、リプログラミング、分化多能性の維持のメカニズムについて理解を進めるとともに、臨床応用が可能なiPS細胞の樹立、培養法の確立を目指します。また患者さん由来の細胞から樹立したiPS細胞を用いて、疾患のメカニズムや治療薬の開発のための研究も進めています。

Researcher Q & A

出身地

大阪

山中グループ研究概要

動画:マウスiPS細胞を分化誘導し作った心筋細胞(拍動している)