イベント

2016年6月24日

第207回 アイセムスセミナー:喜井 勲 博士

Autophosphorylation of amino-acid residues is part of folding process of various kinases. Conventional chemical screening has missed inhibitors that selectively interfere with the folding process. Here we report a folding intermediate-selective inhibitor of DYRK1A. Our study demonstrates that folding intermediates of kinases can be targeted by small molecules, and paves the way for developing novel types of inhibitors.

講演者
喜井 勲(きい・いさお) 博士
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 健康・病態科学研究チーム
演題
Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process
日時
2016年7月6日(水)16:00−17:00
場所
京都大学 iCeMS 本館(#77)2階 セミナールーム (A207)
フライヤー
PDF
主催
京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)
連絡先
王丹グループ | ohtan-g (at) icems.kyoto-u.ac.jp