教授/PI/iCeMS解析センター長

見学 美根子 Mineko Kengaku

研究分野とテーマ

神経発生学

私たちの脳は、約100億個のニューロンが整然と配置して構成する精緻な回路であり、意識・無意識の全ての行動を制御します。私たちはニューロンのダイナミックな運動により脳が作り上げられていく過程を直接観察し、その原理を明らかにしようとしています。また、病気や怪我で損傷した神経回路を再生する技術にも貢献したいと考えています。

私の研究「ここがイイ!」

脳は進化が作り上げた最も複雑で、最も美しい組織だと思います。そして人を人たらしめる精神を宿す森です。そのしくみを解き明かす冒険が楽しくないはずがありません。

研究者Q & A

出身地

神奈川県茅ヶ崎市生まれ、東京新宿育ち

研究者を志したきっかけは?

もう少し勉強しようと大学院に進学して研究を始め、誰も知らない謎を解くスリルに夢中になり、止められなくなりました。

好きな実験,理論,装置,試薬,器具について,理由も一緒に教えてください。

生細胞イメージング。生きている細胞の動きは驚くほどダイナミック! 観る度に新しい発見があります。

趣味はなんですか? 

映画鑑賞と読書。
<脳>的に面白いのは、クリストファー・ノーラン『メメント』(映画)と小川洋子『博士の愛した数式』(本)。どちらも日々の出来事を記憶できない前向性健忘の主人公の物語。利己と利他。求める思いと与える思い。心の幸せ(脳にとっての報酬)について考えさせられます。

自宅にて研究室メンバーとBBQ
培養したマウス脳のニューロン

メンバー

見学 美根子  教授/PI/解析センター長
中澤 直高  特定助教
川上 巧  特定助教
栗栖 純子  研究員

論文一覧

一覧へ

関連する動画

iCeMSリーダーインタビュー | 見学美根子教授