file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about
  • Home
  • News
  • ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出すナノハイブリッドデバイスの開発に成功 -ナノテクノロジーの...

ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出すナノハイブリッドデバイスの開発に成功 -ナノテクノロジーの創薬・再生医療への新展開-

マイクロ流体デバイスとナノファイバーを組み合わせて開発されたデバイス「MACMEアレイ」。多様な細胞外環境を同一プレート上で再現することができる。

 iCeMSの陳勇 iCeMS特定拠点教授、亀井謙一郎 特定准教授、東京工業大学の眞下泰正助教らの研究グループは、多種類の細胞環境を集積したデバイスの開発に世界で初めて成功しました。この研究成果は、ヒトES/iPS細胞から機能的な組織を作製するプロセス開発を大きく加速するものと期待されます。

 本研究成果は、2017年3月9日にドイツの科学誌「Small」で公開されました。

 詳細は以下のページでご覧いただけます。

京都大学ウェブサイト | ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出すナノハイブリッドデバイスの開発に成功 -ナノテクノロジーの創薬・再生医療への新展開-

  • 亀井特定准教授と「MACMEアレイ」。

Other News