file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about
  • Home
  • News
  • 抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功

抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功

「Body on a Chip(ボディ・オン・チップ)」はヒトや実験動物を用いることなく「生体外ヒトモデル」を創出する画期的な技術です。このデバイスを用いて、これまで難しかった抗がん剤の心臓における副作用の生体外における再現に、世界で初めて成功しました。

 iCeMSの亀井謙一郎特定拠点准教授、京都大学工学研究科の田畑修教授、平井義和助教らの研究グループは、微細加工技術を駆使した生体外ヒトモデル「ボディ・オン・チップ」の開発に成功しました。この大きさわずか数センチメートルのチップは、患者や健常者などに頼ることなく薬の効能・効果や毒性を評価できるデバイス技術であり、現在、前臨床試験で行われている動物実験の問題点を克服できる新しい試験法となることが期待されます。

 

本研究成果は、2017年7月25日に英国の科学誌「RSC Advances」オンライン版で公開されました。

 詳細は以下のページでご覧いただけます。

京都大学ウェブサイト | 抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功

  • (左から)亀井特定拠点准教授、平井義和助教、田畑修教授
  • 今回開発したデバイスを手に研究内容を説明する亀井特定拠点准教授

Other News