特定教授/PI

玉野井 冬彦 Fuyuhiko Tamanoi

研究分野とテーマ

ナノ粒子と癌治療

私の研究「ここがイイ!」

癌研究は、基礎研究である癌の分子生物学に始まり新規の治療を開発する医療にまで、広範囲の分野にまたがる研究です。私達は、外部シグナルに対応して抗癌剤を放出できる新規のナノ粒子を開発した(下図)。最近のナノ粒子を用いたアプローチは新規の癌治療につながる可能性があるので興味深いと思われます。

研究者Q & A

出身地

私の田舎は山口県の柳井市ですが、生まれたのは仙台で、育ったのは東京です。

研究者を志したきっかけは?

高校生の時に読んだDNA、分子生物学の本に魅せられたので癌の分子生物学を研究してきました。最近はナノ粒子を用いた癌治療の開発を進めています。

好きな実験,理論,装置,試薬,器具について,理由も一緒に教えてください。

私達は癌発生のメカニズム(分子機構)を明らかにすることを目的に研究をおこなっています。こうした知見をもとに、新規の治療法を開発しています。私達は二つのタイプの動物実験を行っています。ひとつは鶏卵モデルで、これはヒトの癌細胞を受精した卵の中に植えつけることで確立される系で、もうひとつは癌細胞をマウスに移植する系です。

趣味はなんですか? 

最近読んだ本で印象に残ったのは、シッダールタ・ムカジー著の『病の皇帝「がん」に挑む ― 人類4000年の苦闘』です。
スポーツではバスケットボールが好きです。最後の数秒まで勝負がわからない、スリル満点の競技です。

ロサンゼルスのレストランでのナノテクノロジーに関する議論
外部刺激に反応するナノ粒子

メンバー

玉野井 冬彦  特定教授/PI
松本 光太郎  特定助教
Chinnathambi, Shanmugavel  特定研究員
東 佑弥  特定研究員
馬 越  特定研究員
Laird, Mathilde  特定研究員
小松 葵  特定研究員

論文一覧

一覧へ

関連報道

一覧へ
  • Towards Auger therapy with iodine-infused nanoparticles

    Physics World

  • 「光 効果」がん死滅 京大など、放射線治療を効率化

    日刊工業新聞 21ページ

  • この人に聞く 京都大学 高等研究院 アイセムス 玉野井冬彦氏

    セラミックス(日本セラミックス協会誌) 182ページ

  • 難治がんにナノマシン

    日本経済新聞電子版

  • 特殊X線 がん細胞退治 京大など 皮膚のダメージ抑制

    読売東京 10ページ

  • 京⼤、単⾊X線とナノ粒⼦で放射線癌治療、⾼Z元素を送り込み

    化学工業日報 5ページ

  • 放射線がん破壊 新手法 微細ナノ粒子×特殊エックス線 京大など開発 「治療に応用」期待

    京都新聞 27ページ

  • 単⾊X線でがん細胞死滅 京⼤など、放射線治療法を開発

    日刊工業新聞 28ページ

  • Using X-ray-nanoparticle interactions for improved radiation therapy

    NewsMedical

  • 京大、鶏卵の中にヒトの患者由来の卵巣癌を再現することに成功-がんの個別化医療が可能に

    日本経済新聞電子版

  • 卵巣がん組織、鶏卵で再現 患者ごとに効く薬探しに道 京大など

    朝日新聞 30ページ

  • 卵巣がん:鶏卵で再現 京大チーム、抗がん剤効果検証

    毎日新聞 26ページ

  • 鶏卵に患者の卵巣がん再現 短期間での抗がん剤検証に道 京大

    産経新聞 24ページ

関連ニュース