file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about

Who we are

Innovative Scientists

私たち、iCeMSの研究者は、ケミカルバイオロジー、材料科学、細胞生物学、生体組織工学、生物物理学、科学コニュニケーションを主な研究対象としています。これらの研究分野を統合することで、「化学の力で、細胞機能を理解して操作する物質を創製する」、「細胞機能を物質で再現する」という二つの大きな課題に取り組んでいます。

iCeMSフロントランナー
記事一覧

自分自身が見つける新しい未来にむかって
走り続ける研究者たちを紹介します。

鈴木 淳

教授

細胞の働きを見つめて、真実を導きだす

「細胞がどう制御されているのか、わかったときの喜びといったら」。大きな手振りで陽気に話す鈴木教授は、まるで新しい遊びを見つけた子どものように楽しげだ。

若手研究者が語る論文のリアル記事一覧

最近iCeMSから出版された論文の筆頭著者に
スポットライトをあてたインタビュー

勝田陽介さん

熊本大学 助教

細胞内ではDNAからRNAが作られ、そのRNAの情報を基にタンパク質が作られています。今回、勝田さんと研究チームではRNAの特殊構造、RNA G-quadruplexのみに結合する化合物を化合物ライブラリーの中から見つけ出し、その化合物を使って細胞の中のRNA G-quadrupelxを探しだす論文を発表しました。