file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about

Who we are

Innovative Scientists

私たち、iCeMSの研究者は、ケミカルバイオロジー、材料科学、細胞生物学、生体組織工学、生物物理学、科学コニュニケーションを主な研究対象としています。これらの研究分野を統合することで、「化学の力で、細胞機能を理解して操作する物質を創製する」、「細胞機能を物質で再現する」という二つの大きな課題に取り組んでいます。

iCeMSフロントランナー記事一覧

自分自身が見つける新しい未来にむかって
走り続ける研究者たちを紹介します。

Daniel Packwood

講師

数式を自在に使いこなし、毛髪よりも細い電線づくりにいどむ

パックウッド講師は、複雑な分子の作用をシンプルな数理モデルで表わす理論化学の手法を用いて、ナノサイズの電気材料の合成方法を導きだした

若手研究者が語る論文のリアル記事一覧

最近iCeMSから出版された論文の筆頭著者に
スポットライトをあてたインタビュー

勝田陽介さん

熊本大学 助教

細胞内ではDNAからRNAが作られ、そのRNAの情報を基にタンパク質が作られています。今回、勝田さんと研究チームではRNAの特殊構造、RNA G-quadruplexのみに結合する化合物を化合物ライブラリーの中から見つけ出し、その化合物を使って細胞の中のRNA G-quadrupelxを探しだす論文を発表しました。