file-pdf adjunct windows-open education youtube twitter facebook website organization readmore search person meet community innovation originality about

Who we are

Innovative Scientists

私たち、iCeMSの研究者は、ケミカルバイオロジー、材料科学、細胞生物学、生体組織工学、生物物理学、科学コニュニケーションを主な研究対象としています。これらの研究分野を統合することで、「化学の力で、細胞機能を理解して操作する物質を創製する」、「細胞機能を物質で再現する」という二つの大きな課題に取り組んでいます。

iCeMSフロントランナー
記事一覧

自分自身が見つける新しい未来にむかって
走り続ける研究者たちを紹介します。

見学 美根子

教授

まだ誰も解明していない、「美しさ」のしくみを追いかけて

見学教授はニューロンのダイナミックな運動によって脳が作りあげられていく過程を直接観察し、正常な脳の発生過程と神経回路をかたちづくる原理を明らかにすべく、ミクロの世界を探検している。

若手研究者が語る論文のリアル記事一覧

最近iCeMSから出版された論文の筆頭著者に
スポットライトをあてたインタビュー

サンジョグ S.ナガカルさん

産総研ポスドク研究員

サンジョグ・ナガカルさんは、溶ける配位高分子(CPs)の合成ならびにクリーンエネルギーへの応用に取り組んでいます。グループでは、自然のシステムにヒントを得て、太陽エネルギーを得るための配位高分子ガラスの開発に成功しています。